DevSecOps Days
Tokyo 2021

2021年12月2日(木)・3日(金)開催

日米最先端のソフトウェア開発と
サイバーセキュリティの現在と
未来について知る2日間

Days
Hours
Minutes
Seconds

About The Event

DevSecOps Daysとは

米・カーネギーメロン大学や先端テクノロジー企業の有志が始めた、現代のサイバー脅威に対応しながら、高機能でセキュアなシステム開発を行う手法についての情報交換を行うコミュニティ・イベントです。

2020年は、サンフランシスコ、ロンドン、シンガポール、イスタンブールなど世界12都市のコミュニティがイベントを開催し、1万人以上が参加した世界最大規模のDevSecOps関連イベントです。

東京では2020年にコミュニティが組成され、10月に開催された2日間のオンラインイベントには1500名の参加登録、11,000回以上の視聴回数を集めました。
(後援:カーネギーメロン大学CyLab・ソフトウェア工学研究所(SEI)、経済産業省、アメリカ大使館、等)

2021年は、サイバー脅威がより社会的な重要課題として顕著になった情勢を受け、テクノロジー業界に限らず、日米の政・財・官・学・軍の幅広い講演者をお迎えして、
サイバー脅威への対応法とソフトウェア開発の在り方について考えていきます。

Speakers

講演者

ロリー・クレイナー氏
カーネギーメロン大学CyLab所長
ボッシュ特別教授
2016年米国政府連邦取引委員会チーフテクノロジスト、 2020 年より CyLab(セキュリティ&プライバシー研究所)所長など、米国のプライバシー・セキュリティ領域での主導的立場で活躍。 詳しくはこちら
江口純一氏
経済産業省
サイバーセキュリティ・情報化審議官

1990年に通商産業省(現経済産業省)に入省。

産業技術政策課課長補佐、内閣府政策統括官(科学技術政策担当)付企画官、JETROロンドンセンター次長、経済産業省情報セキュリティ政策室長、情報処理振興課長、資源エネルギー庁電力・ガス事業部原子力政策課原子力発電所事故収束対応室汚染水対策官、独立行政法人情報処理推進機構技術本部セキュリティセンター長、独立行政法人情報処理推進機構理事を歴任。2020年7月より現職。

藤末健三氏
元総務副大臣 参議院議員会派「自由民主党・国民の声」 財政金融委員会 理事

【略歴】
1986年 : 東京工業大学卒業
通商産業省(現・経済産業省)入省
1995年 : マサチューセッツ工科大学経営学大学院(MBA)・ ハーバード大学大学院(行政学)で修士号取得
1996年 : プロボクシング・ライセンス取得
2000年 : 東京大学准教授に就任
2004年 : 参議院議員(全国比例区)初当選
20213期目)

【学位】
東京工業大学博士号(学術)
早稲田大学博士号(国際関係論)
イーハブ・アルシャール氏
カーネギーメロン大学情報ネットワーク研究所(INI)
特別教授
同CyLab 教授

現職以前には、ノースカロライナ大学のサイバー DNA 、サイバーセキュリティ・アナリティクス・オートメーションセンターの創立所長を歴任。

全米のサイバーセキュリティへの貢献で知られる。

詳しくはこちら

マイケル・リサンティ氏
カーネギーメロン大学CyLab
(セキュリティ&プライバシー研究所)
パートナーシップ・ディレクター

米国を始め世界中の政府、大手企業とCyLabとのコラボレーション戦略の立案等を担う。

現職以前は、IBM、HP、AT&T/NCR等のテクノロジー企業でプロダクトマネジメント、ビジネスディベロップメントに従事。

詳しくはこちら

ニコラス・シャラン氏
元・米国空軍チーフ・ソフトウェア・オフィサー(CSO)、米国防総省DevSecOpsイニシアティブ共同統括

米国防省におけるDevSecOps型のソフトウェア開発組織への改革の推進責任者を2021年10月まで務める。

在任時は、コンテナ・Kubernatesを用いたマイクロサービスアーキテクチャを取り入れ、
F16戦闘機などのシステム更改を就任18か月で完了させるなどした。

米国内の先端テクノロジーを見極めながら、
国防総省におけるテクノロジースタックの定義やDevSecOps型の開発方法論を前提とした組織改革に取り組んだ。

「DoD Enterprise DevSecOps Reference Design」執筆者。

ハサン・ヤサール氏
カーネギーメロン大学ソフトウェアエンジニアリング研究所(SEI)
テクニカル・ディレクター

DevSecOps、アジャイル、Lean AI/MLなどを駆使したスマートソフトウェアプラットフォーム/パイプラインのエンジニアリング組織責任者。

25年以上のセキュリティエンジニア、ソフトウェアエンジニア、ソフトウェアアーキテクトとしての経験を有する。カーネギーメロン大学ハインツカレッジとソフトウェア研究所(ISR)の非常勤教員も務める。

リントン・ウェルズ博士
ジョージメイソン大学C4I&サイバー研究所
エグゼクティブアドバイザー
合同会社レジリエンスジャパン特別顧問

サイバーレジリエンス、サイバーセキュリティ、スマートシティ、コミュニティレジリエンス、災害危機回避と対応、宇宙関連の課題についての政策、テクノロジー、意思決定の専門家として活動。日本のデジタル社会のレジリエンスについての研究経験も有する。

米国防省次官補、米国防総省最高情報責任者(CIO)など、米国政府における要職経験を歴任。米・国防大学(National Defense University)の国家戦略論に関する研究所における客員特別研究フェロー。ジョージメーソン大学レジエント&サステイナブル・コミュニティセンター(C-RASC)におけるエグゼクティブアドバイザー。

米国海軍出身で、2014年までの51年間、米国防総省に勤務。詳しくは、wikipedia参照。

ディレク・ウィーク氏
Linux Foundation シニアバイスプレジデント
&最高マーケティング責任者

Linux Foundationのシニアバイスプレジデントとして、DevOps、セキュリティ、クラウド・ネイティブ・コンピューティングなどの技術領域を担当。前職では、Sonatypeのバイスプレジデントとして、オープンソースセキュリティに従事。
TechBeaconによるDevOps100、DevOps.comによるEvangelist of the year、ATARCによるIndustry Expertise of the Yearにも選出。

カータン・マクラクリン氏
日本サイバーディフェンスCEO

カータン・マクラクリンは日本を拠点に25年間、銀行を中心に金融工学部門、特にセキュリティ分野で幅広く活躍。

技術に強く、プログラマとしてキャリアを開始し、東京および大阪証券取引所の取引電子化など日本における戦略的開発プロジェクトに取り組んだ。

詳しくはこちら

Mark Miller
マーク・ミラー氏
JupiterOne社 シニア・コンテント・マネジャー
Caroline Wong
キャロライン・ウォン氏
Cobalt社 最高戦略責任者
Keyaan Williams
キーアーン・ウィリアムズ氏
CLASS-LLC社 ファウンダー、
マネージング・ディレクター
黒米祐馬氏
リチェルカセキュリティ株式会社 取締役CTO

2017年に日本電信電話株式会社に入社。
マルウェア対策技術の研究開発に従事。

研究の立ち上げから難関国際会議への論文採択、産学連携を通じた研究成果の社会実装までを経験する。
2021年より現職にて技術戦略を統括。

その他の活動にセキュリティ・キャンプ講師(2015, 2016)、Global Cybersecurity Camp講師(2020)など。

小林友紀氏
株式会社ブレインパッド データエンジニアリング本部 エンジニアリング推進部 データエンジニア
入社時より開発本部横断の標準化プロジェクトに従事し、クラウド技術を使用した標準化確立に向けて設計や技術検証等に日々取り組んでいる。
また、上記標準化プロジェクトを活用したプラットフォーム開発を担当。

主な実績(前職含む)
・HDInsight→Synapse データ基盤移行設計
・車両料金計算システム開発
・道路交通管理システム開発
・顧客/ポイント管理ソリューションシステム開発
・検針電力量管理システム開発
他アプリケーション開発リードとして参画案件多数。
 
保有資格:データベーススペシャリスト、応用情報技術者、ITIL Foundation、LPIC等
その他:技術書典7、8サークルに参加
 
トム・サトウ氏
ヴェリクラウドCOO AIダイナミックス
社外取締役

OpenIDFoundation SSE WGに参画

アメリカ、シアトルのクレデンシャル認証サービスのヴェリクラウドの最高運営責任者。サイバーセキュリティーの分野では10年以上のキャリアを持ち数多くのイスラエルのスタートアップの日本参入をまとめた。人工知能のプラットフォーム開発スタートアップのAIダイナミックスの社外取締役として日本での事業を立ち上げた。
80年代、マイクロソフトでMSXプロダクトマネージャーとして入社し、86年、日本マイクロソフト創業時にウィンドウズプロダクトマネージャーとして日本のほぼ全ての大手パソコンメーカーへのOEM契約と出荷を担当した。

苫米地英人博士
カーネギーメロン大学CyLabフェロー
ジョージメイソン大学C4I&Cyber研究所研究教授
早稲田大学研究院客員教授
合同会社レジリエンスジャパン会長
コグニティブリサーチラボ会長兼研究主幹

2014年から2019年までカーネギーメロン大学の協力で河野統合幕僚長直轄で進められた我が国初のサイバーコマンド設立とサイバー兵士教育のカーネギーメロン側プロジェクトリーダー。

現在は、自衛隊サイバーコマンドは、防衛省統合幕僚監部が防衛技官を公募する公の存在となっている。

また、カーネギーメロンCyLabによるゲーミング型サイバーディフェンス教育PicoCTFの日本の窓口でもある。

1986年カーネギーメロン大学にて世界最初の音声通訳システム開発に成功。

イェール大学大学院計算機科学科フルブライト研究員を経て、1993年カーネギーメロン博士(Ph.D) 。

1998年より現在まで複数のAI, サイバー分野での政府プロジェクトリーダー。

2008年よりカーネギーメロン大学CyLabフェロー。

韮原祐介
DevSecOps Days Tokyoオーガナイザー
合同会社レジリエンスジャパン副社長
HRD株式会社取締役 コグニティブリサーチラボ株式会社執行役員
東京大学非常勤講師

機械学習やデータ、センサーなどデジタルテクノロジーを活用した新規事業創出や、マーケティング等の業務改革のコンサルティング支援経験を豊富に有する。著書に「いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本 ~人気講師が教えるAIを仕事に導入する方法」(2018年・インプレス)がある。

デジタル化の進展に伴うサイバー脅威の増大に危機感を抱いていた中、2019年秋に米・国防総省や東海岸のサイバー関連企業を訪問したことをきっかけとして、日本国内でのDevSecOps普及のための準備活動を開始。

同時期にレジリエンス・ジャパンに経営参画し、今回、カーネギーメロン大学Software Engineering Instituteの協力を得て、DevSecOps Days Tokyoとしてのコミュニティ活動を本格始動。

苫米地英人博士
カーネギーメロン大学CyLabフェロー
ジョージメイソン大学C4I&Cyber研究所研究教授
早稲田大学研究院客員教授
合同会社レジリエンスジャパン会長
コグニティブリサーチラボ会長兼研究主幹

2014年から2019年までカーネギーメロン大学の協力で河野統合幕僚長直轄で進められた我が国初のサイバーコマンド設立とサイバー兵士教育のカーネギーメロン側プロジェクトリーダー。

現在は、自衛隊サイバーコマンドは、防衛省統合幕僚監部が防衛技官を公募する公の存在となっている。

また、カーネギーメロンCyLabによるゲーミング型サイバーディフェンス教育PicoCTFの日本の窓口でもある。

1986年カーネギーメロン大学にて世界最初の音声通訳システム開発に成功。

イェール大学大学院計算機科学科フルブライト研究員を経て、1993年カーネギーメロン博士(Ph.D) 。

1998年より現在まで複数のAI, サイバー分野での政府プロジェクトリーダー。

2008年よりカーネギーメロン大学CyLabフェロー。

韮原祐介
DevSecOps Days Tokyoオーガナイザー
合同会社レジリエンスジャパン副社長
HRD株式会社取締役 コグニティブリサーチラボ株式会社執行役員
東京大学非常勤講師

機械学習やデータ、センサーなどデジタルテクノロジーを活用した新規事業創出や、マーケティング等の業務改革のコンサルティング支援経験を豊富に有する。著書に「いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本 ~人気講師が教えるAIを仕事に導入する方法」(2018年・インプレス)がある。

デジタル化の進展に伴うサイバー脅威の増大に危機感を抱いていた中、2019年秋に米・国防総省や東海岸のサイバー関連企業を訪問したことをきっかけとして、日本国内でのDevSecOps普及のための準備活動を開始。

同時期にレジリエンス・ジャパンに経営参画し、今回、カーネギーメロン大学Software Engineering Instituteの協力を得て、DevSecOps Days Tokyoとしてのコミュニティ活動を本格始動。

…and more
(随時更新中)

DevSecOps とは

米国を中心に世界で急速に導入が進んでいる最先端のソフトウェア開発手法です。

Apple、Netflix、Tesla、SpaceXなどのシリコンバレーの先端テクノロジー企業だけでなく、国防総省などの政府機関においても最高レベルのセキュリティを担保しながら、高品質なソフトウェアを高スピードで開発するための手法として導入が進められています。

開催概要

● 開催日時
2021年12月2日(木)9:00 – 12:00

    12月3日(金)8:50 – 18:30
(最終確定)
日⇔英 同時通訳付き

● 参加料
無料

● 定員
2000名(申込先着順。申込多数の場合は早期に締切ます)

● 開催形式

オンライン配信
(事前申込者に参加URLをご案内)
※リアル会場開催はありません。

● 主催
DevSecOps Days Tokyoコミュニティ
(オーガナイザー:韮原祐介、イベント運営:合同会社レジリエンスジャパン)

Schedule

スケジュール

講演スケジュールは順次発表予定です
(時間は変更になる場合があります)

Day2: 12月3日(金)
8:50 – 18:30

登壇者の募集は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

Official Sponsors

スポンサー

順次公開予定

コミュニティに賛同してくださるスポンサー、後援団体を募集しています。
詳しくは、メールにてお問い合わせください。
devsecopdaystokyo.2020@gmail.com

Platinum

Gold

Silver

Bronze

去年の開催ページはこちら

© 2021 Resilience Japan LLC.